TAMA-HIBIKI

ヒーリング と たましい と 日常を生きること について、徒然なるまま綴ります。

あいいろ

数年前、ホメオパシーを習っていました(膨大過ぎる勉強範囲に挫折してしまいましたが・・・)

その授業の中で、鉱物のレメディについて勉強していたとき、参考資料として、元素図鑑を見せていただきました。
「えっ!あの元素って、こんなビジュアルなの!?(*゜д゜*)写真で見れるの!?(゜▽゜*)」と、時間を忘れてワクワクしながら、1ページ1ページに釘付けになってました。

世界で一番美しい元素図鑑

この中に、酸素の液体の写真が載っているのですが・・・一番のお気に入りです(´∇`)

酸素って、液体の状態だと、深い、美しい、青色なのですね・・・(*´ω`*)✨

液体酸素の写真を見ながら、

空が青いのも、空気中に酸素があるから・・・
海が青いのも、水がH2Oだから・・・

と、酸素の存在感にうっとりしていました(^^)

そうやって見ると、緑とか茶色とかを、アースカラーと呼んでいるけど、青色って、実はいちばんのアースカラーだよなぁ~。。


酸素は普通にしていたら、目で見ることも、触ることもできないけど、間違いなくこの世界に存在しています。
そして、呼吸している私達は、酸素に生かされているのですよね。

酸素って・・・愛と似ている、と感じました。

愛も、かたちあるものではないけど、感じられるものですよね。
それがあるから、私達は、弱いながらも傷つきながらも、生きています。

呼吸することに慣れてしまうと、自分が酸素を吸っていることを忘れて生活してしまいます。
同じように、誰かから愛されることに慣れてしまうと、その愛が、弱い自分を力づけ、支えてくれているのだということを忘れて、感謝を忘れてしまいがちになります。

そんな在り方も、似ています。


それから・・・酸素は、水にもなり火にもなる。
何かの読み物で「神は火(か)水(み)」という言葉に出会っていましたが・・・

酸素=神=愛

なのかな?と思ったりしました。

「見えぬものでもあるんだよ」(©金子みすゞ)
ですね☀