TAMA-HIBIKI

ヒーリング と たましい と 日常を生きること について、徒然なるまま綴ります。

水の一生

一粒の水滴に伝えた

あなたは昔
空気中のいたるところに
目には見えない姿で
自由に 震動しながら
ぷかぷか 存在していたのですよ

そのうち
震動が重くなり
目に見える姿になりました

雲になり
雨になり

地球の重力に従って
大地を育み
いのちを潤し
光を反射し
音を奏で

形ある 愛 になりました

愛 を運ぶ役目が終わったら
地上での旅を終えたら
また 空気中に戻って行きます

そして
目に見えない姿に戻って
この旅を思い出すのでしょうか

次の旅に思いを馳せるのでしょうか

旅を繰り返して 繰り返して
無限大に繰り返して
全てを経験したら
ゼロに戻る

透明で 自由な
水の旅