TAMA-HIBIKI

ヒーリング と たましい と 日常を生きること について、徒然なるまま綴ります。

神威示現

青空が広がってよいお天氣だったので、氏神様にお詣りして来ました。
本殿の前で手を合わせて目を閉じて、氏神様とお話しをしました。
会話というより、内側に浮かんで来る言葉とビジョンを追いかけて、確認するような感じ。

「共にある」とのこと。
守護をいただいて、日々を過ごしていることに、改めて感謝しました。
そして、目を開けて顔を上げると、

「神威示現」

の四文字が飛び込んで来ました。
本殿の梁に、この言葉を記した紙が貼ってあったのです。

神様の威力を示し現す。
その様に生きなさい、とのことだと、肚に落ちる感覚でした。
神様の威力、というとなんだか仰々しいですが、身体を得て、この世で呼吸をしているだけでも、充分「神威示現」していると思っています。
人は誰もが、神様の分け御靈。
生きてある という事が、神様の威力を体現してある という事。

「神の分け御靈として、どう生きるか、生きて何を表現するか」

その選択は、各々の自由意思に任されていて、そこを楽しみなさい、と言われた氣がしました。


そのあとは、末社をまわって、大きく根付いた樹木と戯れました。

木々のエネルギーに癒されました。


f:id:healing-m-magic:20170602204735j:plain