TAMA-HIBIKI

ヒーリング と たましい と 日常を生きること について、徒然なるまま綴ります。

縫いぐるみと対話

こんにちは✋ご訪問ありがとうございます🌸
推し松は長男・おそ松の行者です。。


皆さんっ、結界、張ってますかっ?🈲👻

先日、フェアリーセラピスト ふわわさんから、

「オラクルカードを引く時には、結界を張って安全な空間を作ってから」

というアドバイスをいただきました!
なるほど💡です。

ふわわさんは、縫いぐるみの気持ちを伝えて通訳してくれるセラピストさんで、私もふわわさんに、縫いぐるみと対話するコツを教えていただきました。

そして、ふわわさんの繊細な優しさが、縫いぐるみさん達の繊細なエネルギーと共鳴して、言葉というツールで表現されるのだな、と感じました。

先日ご紹介したナナさんも、言葉でコミュニケーションを取らない動物たちの 産地直送 卸売り!みたいな純粋な愛と繋がっていました。

動物たちは表情豊かではありますが、言葉は話しません。
観察して洞察して、彼等の思いをくみ取ります。

そこから数歩?進んだ延長線上に、縫いぐるみの思いをくみ取る ということがある気がしました。

ふわわさんから教わった事をやってみながら、言葉になる前に、胸にわき上がる感覚を、丁寧に素直に感じ取ることが、もの言わぬ存在からのメッセージを受け取る上で大切な事だと感じました。

そして、そのためには、もの言わぬ存在と、安心してリラックスして、対話することだと思いました。

さらに、自分の内側を静めて 外側からの波動を受け取るので、ちょっと周波数が低かったりすると、別の低い波動を受け取ってしまう可能性もあります。。

だから第一歩として、エゴや先入観、雑音の無い安全な空間を作る必要があります。
だからこそ、「結界」は大切なのだと再認識しました。

ふわわさん&ホームズ先輩のおかげで、たくさんの気付きをいただきました!
ありがとうございました(^^)